福岡 デリヘル

デリヘル・デリバリーヘルスとは派遣型のファッションヘルスのこと。出張ヘルスとも呼ばれる。店舗がなく、客のいる自宅やホテルなどに女性を派遣し性的サービスを行う業態で、サービス内容はファッションヘルスとほとんど変わらない。1990年代後半より首都圏を中心に急速に増加しており、1999年に改正風適法が施行されて以降、首都圏以外の地方でも増加しつつある。

概要

一般の店舗型風俗店のように店舗内の待合室で他の客と一緒に待つなどの煩わしさが無く、恋人を自室に招いたようなプライベート感覚でサービスを受けられるのが特徴である。派遣先には自宅のほか、ラブホテル、シティホテル等も指定できる。一般のホテルの場合、宿泊者以外はロビーでの面談のみに限定されていることもある。派遣された女性が好みでない場合は、断って別の女性に変更(チェンジ)できることが多いが、キャンセルする場合はキャンセル料が発生することが多い。また派遣する女性の待機場所(「○○発」と記載されている地域)からの距離に応じて交通費がかかることも多い。

街中に設けた受付所で、写真等で女性を選び、周辺にあるホテルを利用するサービス形態は「ホテルヘルス(ホテヘル)」と呼ばれる。受付所の閉鎖される24時以降(条例により25時以降)は電話受付にて営業を継続するが、この場合デリヘルとの差異は無い。

デリバリーヘルス」という名称は、1998年公布の改正風適法で当該業種が届出対象にされた際に、風俗情報誌「MAN-ZOKU」(マンゾク)を発行している株式会社クリエイターズカンパニーコネクションが発案した。同年、株式会社クリエイターズカンパニーコネクションの関連会社である株式会社シーズホールディングコーポレーションが商標出願登録している(商標登録証4522848号)。

特徴

デリヘルでは、多くの場合男性客が女性従業員の素顔を確認して選ぶことはできない。風俗雑誌や駅売りのスポーツ新聞、一部の夕刊紙、店舗の公式サイトなどで公開されている場合も目線やモザイクなどで顔が隠されているケースが多い。

風適法により認められた営業時間が店舗型とは異なり、深夜24時(条例により25時)以降の営業も認められているため、出勤時間のやりくりがし易いことから、会社員や大学生が夜にアルバイト感覚で出勤していることがある。女性従業員の中にはホテルでの仕事のため、一般のヘルスのような簡易な間仕切の室内よりも仕事がやりやすく、店舗への出勤ではないので知り合いに会うリスクも低いという者もいる。

通常デリヘル嬢の送迎は男性従業員(ドライバー)の業務であるが、店舗によっては女性自身が運転してくることもある。一部の店舗では駅前などで男性客と女性従業員が待ち合わせて、ホテルに行くこともある。顧客男性の所有車に出張して、顧客の自動車内でのサービスを提供していることもある(東北地方で発行されている風俗誌[要出典]の記載による)。

店舗型風俗店とは異なり、他の従業員の目が届かない為犯罪に巻き込まれる可能性が高い。特にラブホテルでは殺人事件の発生件数が通常ホテルより多いため、派遣先を自宅か街中の有名大型ホテル・シティホテルのみに限定したり、ホテルのみとしたりする店舗もある。

韓国人女性の派遣は特に韓国出張などと呼ばれ首都圏や関西圏など大都市圏に多い。大都市中心に高齢者や身体障害者を専門とする店舗もあり、その一部の店舗では客の要望によって女性従業員を全国に派遣することもある。また一般店の中にも高齢者・身体障害者への対応を表記するところもある。

広島県で2006年にデリヘルの事務所を設置し、かつ常時客室を提供していたビジネスホテルが管理売春で摘発された。なお摘発されたホテルは県条例でデリヘルの営業が禁止されていた地域にあったことも摘発された理由であるが、デリヘルに協力して摘発された初の宿泊施設であったという。

埼玉県警生活環境1課は2007年5月13日デリヘル店経営者を逮捕した。同課によれば、2004年11月経営者がデリヘル嬢候補者と面接を行い性的サービスの業務や報酬を説明したことが職業安定法違反(有害業務就業目的の募集)にあたるとしている。同様にデリヘル嬢の募集行為全般について違法である疑いがあるとしている。

自宅に呼ぶ場合、住所や電話番号を知られる。悪質店の場合、これらの情報が悪用される可能性がある。

全国 デリヘル大阪 デリヘル福岡 デリヘル